コロニアルってどんな屋根?特徴や耐用年数・劣化症状を完全解説

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆!

本記事はこんな人にお勧めします。

  • コロニアル屋根の特徴が知りたい
  • コロニアル屋根の耐用年数や劣化症状について知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「コロニアル屋根の特徴が知りたい」「コロニアル屋根の耐用年数や劣化症状について知りたい」という方に向けて書かれています。

新築の時やリフォーム時に大変人気の屋根材であるコロニアル。
コロニアル屋根を検討している方は、その人気の秘訣や屋根材の特徴をしっかりと把握した上で採用するべきです。

本記事では、コロニアル屋根の特徴や耐用年数・劣化症状について解説していきます。この記事を読めば、コロニアル屋根のことがしっかり理解できる内容となっておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

コロニアル屋根とは?

「コロニアル」は住宅屋根用化粧スレートという屋根材の中の1つの商品名のことです。

以前は住宅屋根用化粧スレートを数社生産しており、(株)クボタが生産した「コロニアル」はもっとも多く販売されて認知されていました。

そのため、住宅屋根用スレートの総称として「コロニアル」と呼ばれることもあります。(住宅屋根用スレート=コロニアルと同義語で使用される)

また、現在、住宅屋根用化粧スレートはケイミュー株式会社1社だけが生産しており、ケイミュー(株)のブランド名「COLORBEST(カラーベスト)」の中の1つの商品名として、「コロニアル」があります。

化粧スレートは幅600~910mmで、厚さ約5mmの薄い平板を塗装したセメント板のことです。

屋根面にくぎで直接留め付ける直貼り(じかばり)工法で施工されています。

JIS(日本工業規格)では、化粧スレートのことを「主原料としてセメント、けい酸質原料、石綿以外の繊維質原料、混和材料などを用いて加圧成形し、主として住宅用屋根に用いる、野地板の上に葺く化粧板」と紹介しています。

 

コロニアル屋根のメリットやデメリット

コロニアル屋根のメリットとデメリットを紹介します。

【メリット】

  • 初期費用が安い
  • 軽量で「軽い建物」に入る
  • カラーバリエーションが豊富
  • 様々な屋根の形状に対応できる
  • 施工しやすく扱える業者が多い

 

コロニアル屋根のメリットは何と言っても初期費用が安価なことです。

屋根材の中では、もっとも安価な商品となります。

 

【デメリット】

  • ヒビ割れしやすい
  • 汚れやすい
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • アスベストが入っていた

 

コロニアル屋根のデメリットは定期的なメンテナンスが必要で、トータルのライフサイクルコストは高額となります。

 

コロニアルの特徴について詳しくはこちらの記事で解説しています。

どんな屋根材?コロニアルの特徴やメンテナンス方法を徹底解説!

 

コロニアル屋根の耐用年数

コロニアルの耐用年数(寿命)は25~30年と言われています。

一般的なメンテナンス計画としては、10年目、20年目に塗装メンテナンスを行い、30年目に屋根全体の改修(葺き替えまたはカバー工法)を行うようになっています。

先ほども紹介しましたが、コロニアル屋根は野地合板の上に、防水シート(ルーフィング)を設置し、その上に直接くぎでコロニアルを留め付けています。

コロニアル1枚につき4本のくぎで防水シートにあなを開けて留め付けているので、1棟あたり約2,400ヶ所、防水シートにあなが開きます。

そのため、コロニアル屋根の防水性は防水シートに依存しており、防水シートの寿命が30年なので、コロニアル屋根も同様となります。

また、化粧スレートの商品によっては、スレート自体が30年を持たずに、ヒビ割れ割れやはく離などで屋根材の寿命を迎えるものもあります。

これらは限られたアスベストの入っていない初期の商品であり、すでに廃盤品となっていますが、その代表的な商品を紹介しておきます。

パミール(ニチハ製)、ナチュール(大建工業製)、コロニアルNEO、スぺリアルNEO、セイバリーNEO、グリシェイドNEO(クボタ製)、レサス(松下電工製)はスレート自体に不具合が発生しています。

 

コロニアル屋根の劣化症状

コロニアル屋根の劣化症状を紹介します。

  • コケの発生
  • 色あせ
  • 反り
  • ヒビ割れ
  • 野地板の劣化

 

●コケの発生

10年を経過するとコロニアルの表面が黄色に変色することがあります。

北面などの日が当たらない屋根面にこの変色が起きやすく、コケなどの付着が原因です。

 

●色あせ

コケとともに、スレートの表面の塗装が劣化して、色があせてきます。

もともとの色がわからないくらい退色します。

 

●反り

コロニアル屋根の表面塗装が劣化すると表面から吸水することになり、湿潤・乾燥を繰り返すことで反りが発生します。

コロニアル屋根の上下の隙間が数mmになってきます。

 

●ヒビ割れ

踏み割れによりコロニアル自体に縦・横にヒビ割れが発生します。

屋根下地である野地合板のたわみが大きい部分(谷部など)で多く見られます。

 

●野地板の劣化

コロニアル屋根の端に位置するけらば部では、けらば水切りから雨水がオーバーフローすることで野地合板が劣化しています。

 

コロニアル屋根は塗装した方がいい?

コロニアル屋根は2枚重ねとなっており、暴露しているコロニアルの下にもう1枚コロニアルがあります。

コロニアル屋根を塗装しなくても、コロニアルの重なりで雨水浸入を防いでいるので、雨漏りは発生しません。

ちなみにコロニアル屋根にヒビ割れが発生しても、同様に、そこから雨漏りはしませんので、コロニアル屋根のヒビ割れを指摘されて不安をあおられても慌てることはありません。

 

コロニアル屋根の塗装の効果としては、以下の3つの効果が期待できます。

  • 美観の向上
  • 撥水性の向上
  • 屋根材の保護

 

コロニアル屋根は10年程度で、色あせやコケの発生で汚れたように見えます。

塗装することで、コロニアル屋根の美観は向上します。

また、表面は塗装されると撥水性が向上しますので、コロニアル表面から水分を吸いにくくなり、反りの軽減、屋根材の保護につながります。

予算に余裕があれば、コロニアル屋根を塗装してもいいと思います。

 

次の章でコロニアル屋根の塗装手順を紹介します。

コロニアル屋根の塗装手順

コロニアル屋根の塗装手順を紹介します。

  1. 高圧洗浄
  2. 下地調整
  3. 下塗り
  4. 中塗り・上塗り
  5. 縁切り

 

それぞれについて簡単に解説します。

①高圧洗浄


コロニアル屋根は経年でコケや藻、汚れなどが表面に付着しています。

高圧洗浄でコロニアル屋根の表面をきれいにすることは、塗装を長持ちさせることにつながります。

②下地調整

コロニアル屋根はヒビ割れ・欠損が発生しやすい屋根材ですので、塗装する前にヒビ割れ・欠損の補修を行います。

棟部分は板金仕様となっており、その板金のケレンやくぎ抜きの補修を行います。

③下塗り

コロニアル屋根の表面に塗料が密着するように下塗りとなるシーラーを塗布します。

板金部分はサビ止めを塗布します。

④中塗り・上塗り

細い部分はハケ塗りをして、全体的にはローラーで塗ります。

⑤縁切り

 

翌日以降で、コロニアル屋根に上がれる程度に塗料が乾燥した後に、コロニアル屋根の上下の重なり部分で塗料が密着している箇所をカッターやスクレイパーによって塗料をカットして縁切りします。

縁切りを行わないと後に雨漏りとなりますので必須です。

 

コロニアル屋根の防水塗装について詳しくはこちらの記事で解説しています。

コロニアル屋根は防水塗装が必要?塗料や費用についても徹底解説

コロニアル屋根の屋根修理工事

コロニアル屋根が耐用年数(25~30年)を超えた場合、雨漏りや野地劣化のリスクが高くなっているため、塗装によるメンテナンスはオススメできません。

雨漏りが発生していなければ、築25年以降の外壁のメンテナンスのタイミングで屋根修理工事を行いましょう。

この場合の屋根修理工事は屋根葺き替え(コロニアル屋根を撤去して新しい屋根材を設置する)もしくは屋根カバー工法(コロニアル屋根の上に新しい屋根材を重ねる)となります。

屋根カバー工法は雨漏りや野地合板の劣化などの不具合を根本的に解決することはできないので、屋根葺き替えをオススメします。

ただし、コロニアル屋根を撤去する費用分だけコストアップとなるため、予算によってはカバー工法となります。

雨漏りしている場合、カバー工法では雨漏りが止まらないことが多いので、予算がなくても安易にカバー工法を選択することはやめておきましょう。

屋根修理工事の費用としては、葺き替えは120~万円、カバー工法は100~万円程度となります。



葺き替えとカバー工法ではどちらが良いのかについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

屋根葺き替えとカバー工法はどっちがいい?屋根屋が徹底解説

 

アスベストが含まれているコロニアル屋根がある?

建設が2004年より前であった場合のコロニアル屋根は、アスベストが含まれている可能性が高いです。

アスベストを含んでいるコロニアル屋根でもリフォームや解体をしない限りは、アスベスト繊維が飛散しません。

そのため、コロニアル屋根が汚れたり、退色しても特別なアスベスト対策の必要はありません。

屋根修理を行う場合、アスベスト対策費やアスベスト含有屋根材の処分費が年々高騰していますので、早めに処分することをオススメします。

予算があれば、カバー工法ではなく、葺き替えをオススメする理由の1つとなっています。

現在でも、アスベストの含まれないセメント屋根材に比べて、アスベストが含まれるコロニアル屋根の処分費用は1.2~1.3倍高くなっています。

 

葺き替え工事するならどんな屋根材がいい?

コロニアル屋根の葺き替え工事をするなら、どんな屋根材が良いのかまとめてみました。

まず、瓦屋根ですがコロニアル屋根に比べて重量が重くなりますので、建物の耐震評価を行って耐震基準を満たさない限りはオススメできません。

その他の屋根材については、新しい屋根にどのメリットを期待したいかで変わってきます。

  • 初期費用を抑えたい方 → スレート・アスファルトシングル
  • とにかく軽さを求める方 → ガルバリウム鋼板
  • 軽さと重厚感のデザインを求める方 → ジンカリウム鋼板

 

葺き替え工事費用を抑えたい方はスレート・アスファルトシングルがオススメです。

現在のスレートは既存のコロニアル屋根よりは塗料が改善されています。

 

費用はかかりますが、より軽量にしたい方はガルバリウム鋼板屋根となります。

瓦のような重厚感のデザインを求める方はジンカリウム鋼板屋根となります。

 

耐震基準を満たすようであれば、瓦屋根は比較的安価でメンテナンス費用もかからないため、長期的なコストパフォーマンスが優れているのでオススメとなります。(瓦屋根は耐用年数が60年以上)

 

【まとめ】屋根は屋根材の特徴を把握してから選ぼう

コロニアル屋根のメリット・デメリットを紹介しました。

コロニアル屋根の耐用年数は25~30年となっており、瓦屋根以外の屋根材とは同程度です。

コロニアル屋根のメンテナンスは25年を経過すると、葺き替えかカバー工法となります。

新しくする場合は屋根材の特徴を比べて、自分のイメージに近いものを選びましょう。

 

屋根に関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー

関連記事

この記事を読んだ人にオススメの記事