ゲリラ豪雨の雨漏り被害は火災保険の対象?補償を受けるポイントは?

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

  • ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険が使えるのか知りたい
  • ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険が使う方法を知りたい
  • ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険が使う際の注意点を知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険が使えるのか知りたい」「ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険が使う方法を知りたい」という方に向けて書かれています。

近年は、ゲリラ豪雨などの異常気象が頻繁に起こり、火災保険を利用したいと思う方が増えています。ゲリラ豪雨などの自然災害による雨漏りは、火災保険による補償を受けることができるのか気になりますよね?

雨漏りで火災保険の補償を受けるには、ポイントがあります。本記事では、ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険の補償を受けるために必要な条件や注意点を解説していきます。

火災保険は難しいイメージがあると思いますが、過去に火災保険の申請業務に何度も関わったことがある屋根屋だからこそわかる内容なども詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

そもそもゲリラ豪雨ってなに?

ゲリラ豪雨とは、集中豪雨の一種です。

大気の不安定な状態により突発的に起こる局地的な大雨のことで正確に予想するじょとが困難となっています。

ゲリラ豪雨は、ゲリラ雨やゲリラ雷雨と呼ばれることもありますが、正確な気象用語ではないようです。

 

ゲリラ豪雨の雨漏りは火災保険が使えるの?

ゲリラ豪雨の雨漏りは、保険契約や被害の状況にもよるが、火災保険適応の可能性はゼロではありません。

ただし、ゲリラ豪雨に限らず、雨漏りで火災保険の補償を受けられるケースは少なくなっています。

雨漏りの場合は、強風等などで建物に被害が発生したが、気が付かずにゲリラ豪雨で雨漏りして初めて風災の被害が発覚した場合などに使われます。

また、雨漏りではなく、ゲリラ豪雨によって河川が氾濫し床上浸水が発生した場合は火災保険の補償対象となる場合があります。

雨漏りの修理に火災保険を使う条件や手順については、こちらの記事で詳しく解説しています。

雨漏りの修理に火災保険を使う条件や手順は?注意点も解説します!

 

火災保険の適用範囲を確認しておこう

ゲリラ豪雨の雨漏りが火災保険が適当されるには「自然災害による被害がある」ことが必要です。

ゲリラ豪雨による被害は、ゲリラ豪雨のときの不安定な天気による「落雷による被害」、「強風による被害」、「雹(ひょう)による被害」「大雨による床上浸水」などが補償の対象になるケースとなります。

ゲリラ豪雨の雨漏りは、例えば「落雷・強風・雹などで屋根材が壊れたところから雨漏りした」場合には適用される可能性があります。

いずれも各火災保険の契約内容によって、適用範囲が異なるため、あらかじめ火災保険の契約内容を確認をしておきましょう。

 

雨漏りの原因がゲリラ豪雨かどうかが重要

火災保険で雨漏りの補償を受けるには、上記でふれたようにゲリラ豪雨が原因で屋根などに被害がありかつそこから雨漏りしたことが重要です。

実際には雨漏りの原因が経年劣化、施工不良、塗装・電気業者による屋根材の破損等が原因であることが多いです。

ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険の補償を受けようとするときには、雨漏りの原因を調査することができる信頼できる業者に依頼するべきです。

また、火災保険を使用する雨漏り修理の手順についても理解している業者であることも重要です。

火災保険が必ず利用できるような説明して雨漏り修理の契約を結ぶ詐欺も発生しており、実際は全く補償されなかったり、一部しか補償されなかったりする場合が多いです。

お客様が聞いた話以上に費用負担を強いられるケースがあるので注意しましょう。

雨漏り修理の詐欺の手口に関して詳しくは下記の記事を読んで、だまされないようにしてください。

雨漏り修理の詐欺に要注意!代表的な手口や対策方法を屋根屋が解説!

 

火災保険で雨漏りの補償を受けるのはけっこう難しい

弊社の雨漏り修理実績では、雨漏りの約8割が「経年劣化・人工的」なものとなっていました。

つまり、火災保険を使うことができた雨漏り修理は約2割しかありませんでした。

「火災保険を使って0円で雨漏り修理」をうたう業者やサイトは悪徳が多いので、ご注意ください。

 

次の章から、ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険を使うポイントを解説してきます。

 

ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険を使う3つのポイント

ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険を使う可能性を高めるには、3つの押さえておくべきポイントがあります。

  1. 正確な調査
  2. 経験ある業者
  3. 補修工事

次の章から詳しく解説していくことを記載しておきましょう。

 

【ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険を使うポイント】①正確な調査

火災保険を申請するためには、原因がゲリラ豪雨の被害による雨漏りかどうかを判断できる正確な調査が必要です。

正確な調査を裏付ける写真などの証拠もしっかり撮影することが重要です。

正確な判断ができずに見切り発車で雨漏り修理工事を開始してしまうと、お客様が後々想像以上の工事費用の負担を強いられることとなります。

正確な調査を行うことができる業者を選ぶことが重要です。

 

【ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険を使うポイント】②経験ある業者

ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険を使用するためには、お客様自身が火災保険会社に被害の連絡をすることからはじまります。

保険会社からは、案内書・保険金請求書の書類等が送られてきます。

申請するには、その書類に必要事項を記載することに加えて、雨漏り修理業者からの修理見積書・被害状況の分かる写真・報告書を添付して、返送することになります。

スムーズに手続きを行うためには、過去に火災保険の申請や火災保険の補償により補修工事を行った経験がある業者を選ぶことが大事です。

 

【ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険を使うポイント】③補修工事

火災保険で雨漏り修理するには、火災保険による補償を受けることに着目しがちですが、雨漏りをしっかりと止める補修工事が重要です。

雨漏りは原因を見誤ると補修工事を行っても再発することが多いです。

雨漏りは、しっかりとした調査と補修工事ができる業者に依頼することが最初にするべきことです。

雨漏り修理業者の選び方について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

雨漏りを修理できる優良な業者の選び方と特徴を屋根屋が解説

 

【まとめ】火災保険の補償を受けるためには信頼できる業者に相談しよう

ゲリラ豪雨の雨漏りは、保険契約や被害の状況にもよるが、火災保険適応の可能性はゼロではありません。

ゲリラ豪雨の雨漏りは、例えば「落雷・強風・雹などで屋根材が壊れたところから雨漏りした」場合には適用される可能性があります。

ただし、ゲリラ豪雨に限らず、雨漏りで火災保険の補償を受けられるケースは少なくなっています。

ゲリラ豪雨の雨漏りで火災保険を使う可能性を高めるには、3つの押さえておくべきポイントがあります。

  1. 正確な調査
  2. 経験ある業者
  3. 補修工事

火災保険を申請するためには、とくに原因がゲリラ豪雨の被害による雨漏りかどうかを判断できる正確な調査が必要です。

雨漏りは原因を見誤ると補修工事を行っても再発することが多いです。

お客様が雨漏りを直そうとするときには、しっかりとした調査と補修工事ができる業者に依頼することが最初にするべきことです。

 

屋根・雨漏りに関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事