ベランダに敷物を使用するデメリット5選とは?メリットも解説します

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

ベランダに敷物を使用するデメリットについて知りたい

ベランダの敷物を使用するメリットとデメリットを知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は「ベランダに敷物を使用するデメリットについて知りたい」「ベランダの敷物を使用するメリットとデメリットを知りたい」という方に向けて書かれています。

ベランダにジョイントマットやベランダタイルのような敷物を使用すると、ベランダの印象が変わったり、裸足でベランダに出られたりするため、魅力的ですよね。
でも、ベランダに敷物を使用することはメリットばかりではありません。

本記事では、ベランダに敷物を使用するデメリットについて解説していきます。ベランダに敷物を使用するデメリットの影響を最小限にする方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

ベランダに敷物を使用するデメリット5選

ベランダに敷物を使用するデメリット5選を紹介します。

  1. ごみの溜まり
  2. 排水溝が詰まり
  3. 乾きにくさ
  4. 一定のコスト
  5. マットの脚跡

 

次の章からそれぞれについて詳しく解説していきます。

 

【ベランダに敷物を使用するデメリット】①ごみの溜まり

ベランダに敷物を使用するデメリットとして、敷物(タイルなど)の下にゴミが溜まってしまうことがあります。

タイルの下は雨水などが溜まらないように隙間が空いていますが、その隙間にゴミや落ち葉などが溜まってきます。

また、ベランダに洗濯物を干すことが多いと気が付かないうちに洗濯物の繊維、髪の毛などが溜まることもあります。

 

【ベランダに敷物を使用するデメリット】②排水溝が詰まり

ベランダに敷物を使用するデメリットとして、排水溝(ドレン)が詰まってしまうことがあります。

敷物の下に溜まったゴミが大雨などで流れ出ると今度は排水溝で詰まってしまうことがあります。

排水溝が詰まると雨が降るたびに水溜まりができてしまい、その水溜まりによって防水層の劣化や防水機能の低下が進むと言われています。

また、ベランダで洗濯物を干す場合、洗濯ばさみなどのプラスチック製品の紫外線劣化した破損物が排水溝をふさいでしまうこともあります。

 

【ベランダに敷物を使用するデメリット】③乾きにくさ

ベランダに敷物を使用するデメリットとして、敷物の下の乾きにくさがあります。

ベランダタイルなどは、タイル表面は乾きやすいが裏側や床面の隙間は乾きにくくなります。

ベランダタイルなどの裏側は、コケや藻、カビなどが生えやすくなります。

また、湿気が多い場所を好む虫も発生しやすいと言えます。

 

【ベランダに敷物を使用するデメリット】④一定のコスト

ベランダに敷物を使用するデメリットとして、一定のコスト負担があります。

ウッドパネルなどをホームセンターなどで購入して、自分で設置すると比較的安くなります。

住宅購入時のオプションなどで施工を依頼すると約20万円程度かかる場合もあり、一定のばかにならないコスト負担と言えます。

敷物の種類や価格はピンキリですが、安価なものであればネットショップでは30cm×30cmで300~500円程度で購入可能ですし、100円ショップでも購入できるものもあります。

 

【ベランダに敷物を使用するデメリット】⑤マットの脚跡

ベランダに敷物を使用するデメリットとして、マットの脚跡が残ることがあります。

長期間使用すると、ジョイントマットやベランダタイルの土台のプラスチックの脚跡が床の防水層についてしまうリスクがあります。

賃貸物件では退去時の修理費用を請求される可能性があるため、注意しておきましょう。

 

ベランダの敷物はメリットも多い

一方で、ベランダの敷物はメリットも多くあります。

  • 見た目がおしゃれになる
  • 滑り止めになる
  • 段差をなくすため転倒防止になる
  • 裸足でベランダに出られる
  • 傷んだでも気軽に交換できる

 

その中でもベランダの敷物には、ベランダ防水を長持ちさせるというメリットがあります。

詳しく次の章で解説していきます。

 

ベランダ防水を長持ちさせるには敷物は有効

ベランダ防水を長持ちさせるには、防水層にダメージを与えたり防水機能を低下させたりする紫外線に対する対策が重要です。

ベランダに敷物を使用することは紫外線をカットすることができ、ベランダ防水を長持ちさせる有効な対策となります。

また、ベランダの床面だけでなく、立上り部分の防水層の紫外線対策も併せて行うことが防水層の寿命を延ばすポイントです。

一般的に10~15年程度と言われるベランダ防水の寿命も、日当たりの良いベランダで紫外線対策をしていないと寿命が大きく減ってしまうリスクがあります。

 

ベランダの紫外線対策について詳しくはこちらの記事で解説しています。

ベランダの紫外線対策は重要!床の防水機能を長く維持する方法を解説

 

ベランダの敷物を定期的にあげて掃除をしよう

ベランダに敷物を使用する場合は、定期的にジョイントマットやベランダタイルを上げて掃除を行いましょう。

ビックリするほど、ゴミや落ち葉、土ぼこりが堆積しています。

ジョイントマットやベランダタイルを上げることで、ホウキやデッキブラシを使って床面を掃除しやすくなります。

梅雨や台風シーズン前に掃除を行うことで、排水溝が詰まって雨漏りする事故を防ぐことにつながります。

掃除することで風通しもよくなり、雨水や湿気が溜まらず乾燥させることもできます。

また、掃除しやすい敷物を選んで設置することも重要です。

重たいセメントタイルなどは耐久性は高いですが、一人で持ち上げることは困難です。

樹脂製のベランダタイルや木製のウッドパネルなどがオススメです。

 

ベランダの敷物以外にもベランダ防水を長持ちさせる方法について詳しくはこちらの記事で解説しています。

ベランダ防水を長持ちさせる3つの方法とは?お手入れの方法も解説

 

【まとめ】デメリットを把握した上で敷物を検討しよう

ベランダに敷物を使用するデメリット5選を紹介しました。

それでもベランダに敷物を使用するメリットは大きいです。

最大のメリットはベランダ防水を長持ちさせるということです。

ベランダに敷物を使用することは紫外線をカットすることができ、ベランダ防水を長持ちさせる有効な対策となります。

ただし、定期的にジョイントマットやベランダタイルを上げて掃除をすることも重要なので、掃除しやすい敷物を選ぶようにしましょう。

樹脂製のベランダタイルや木製のウッドパネルなどがオススメです。

 

屋根・雨漏りに関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 17 人中 17 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

この記事に関連するサービスメニュー

関連工事メニュー

instagram

関連記事

この記事を読んだ人にオススメの記事