雨樋の工事が必要な症状とは?費用や業者選びについても徹底解説

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の屋根・雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

雨樋の工事が必要な症状ついて知りたい

雨樋の工事費用や業者の選び方について知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は「雨樋の工事が必要な症状ついて知りたい」「雨樋の工事費用や業者の選び方について知りたい」という方に向けて書かれています。

雨樋の工事は、どんな症状が見られたら検討すべきなのでしょうか?
いざ雨樋の工事を検討しようというときに必要な費用がどれくらいなのかや業者選びも不安に感じますよね。

本記事では、雨樋の工事が必要な症状について詳しく解説していきます。雨樋の工事費用や業者の選び方も詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

雨樋の工事の必要性

雨樋には屋根からの雨水による雨漏りを防ぐ役割があります。

建物の屋根面に降った雨水を軒樋で集めて、地面へと排水する一連の経路を担っています。

雨樋がないと、屋根に降った雨水は屋根から外壁へ伝わってしまうため、外壁を流れる雨水の量がその分だけ多くなってしまいます。

また、軒先(屋根の先端)から直接地面に落ちる場合でも、地面で跳ね返ることで、建物の外壁・基礎や土台が濡れることがあります。

雨樋を設置することで、屋根面からの雨水が外壁にかからないようにすることができます。

雨樋が破損したり、劣化している状態を放置すると、外壁の劣化や基礎の劣化につながり、雨漏りやシロアリが発生するリスクとなり、建物の資産価値の低下につながります。

雨樋が破損した場合は、早めの雨樋の補修工事が必要です。

 

雨樋の工事が必要な症状

雨樋の工事が必要な症状を紹介します。

  1. つなぎ目のズレ
  2. 雨樋を支える金具のサビ・折れ
  3. 雨樋のヒビ割れ・ゆがみ・破損
  4. 適切ではない傾斜

①つなぎ目のズレ

軒樋と軒樋のつなぎ目や縦樋と縦樋のつなぎ目がズレることがあります。

つなぎ目から水漏れが発生してしまうので、想定外の所に落ちて大きな雨音がすることがあり、ご近所トラブルにつながることがあります。

雨樋を支える金具のサビ・折れ

雨樋を支える金具のサビ・折れ・外れなどで、軒樋がズレ落ちてしまうことがあります。

屋根からの雨水を受けることができないので、早期の雨樋修理が必要です。

③雨樋のヒビ割れ・ゆがみ・破損

雨樋のヒビ割れ・破損は雨樋からの水漏れの原因となります。

降雨量に関係なく水漏れするため、早期の雨樋工事が必要です。

雨樋のゆがみはその大きさによって、緊急性が変わります。

ゆがみが大きい場合は、雨樋から雨水があふれるので工事が必要です。

④適切ではない傾斜

屋根のたわみや金具の変形などで、軒樋の傾斜が変わることがあります。

軒樋の傾斜が縦樋の落とし口へ向いていないと排水できず、オーバーフローしてしまいます。

 

雨樋の修理について詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨樋修理に必要な費用や期間は?修理が必要な症状も紹介

 

雨樋の寿命ってどれくらい?

雨樋の寿命は20~年程度と言われているため、既に25年以上経過している場合は雨樋の交換工事を検討するべきタイミングが来ています。

雨樋は建物の立地状況や雨樋の設置状況の影響を受けるため、寿命はあくまで目安とお考えください。

日射による熱、紫外線、温度差による収縮などによる劣化や風・雪・雹(ひょう)などの自然災害による損傷によって、通常より早く寿命が来てしまうことがあります。

年数ではなく雨樋の症状によって雨樋の工事を検討してください。

雨樋の交換について詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨樋の交換に必要な費用や日数は?工事の流れも解説します

 

雨樋の工事費用

雨樋の工事費用やメンテナンス費用の相場を紹介します。

雨樋のメンテナンス内容概要・内容費用
雨樋の掃除・DIY1階屋根の雨樋を自分で掃除する。
必ず下からはしご・脚立などを使用してください。※落下に注意してください。
0円(自分の時間だけ)
雨樋の掃除・業者屋根屋さんに掃除を依頼して、雨樋の詰まりを掃除する。2~3万円
雨樋の部分修理足場を設置せずに、部分補修する。5~10万円
雨樋の塗装外壁・屋根などに併せて、雨樋を塗装する。5~10万円
雨樋の部分修理(一面部のみ)外壁の1面部分だけについている雨樋を、足場を設置して、交換する。15~20万円
雨樋の全体交換住宅の雨樋全体を交換する。足場全面に設置する。25~60万円

※足場設置の費用は含まれていません。

雨樋の交換の工事は足場が必要になるので、屋根や外壁のメンテナンスに合わせて行うことで、足場費用の負担を軽減することができます。

 

雨樋の工事費用は火災保険が使える?

雨樋の工事に関して、風や雪、雹などの自然災害による損傷や損傷に伴う雨漏りが発生した場合は、火災保険で工事費用が負担される可能性があります。

一方で、経年劣化や施工不良・人的な破損は火災保険の適用とならないのでご注意ください。

経年劣化と自然災害による損傷の区別がむずかしい場合もありますので、自然災害が発生したときには、都度、点検を行いましょう。

不具合を確認したときには、写真を撮影し、保険会社に連絡することをオススメします。

火災保険の申請方法や注意点について詳しくはこちらの記事で解説しています。

屋根修理で火災保険は使えるの?申請方法から注意点まで徹底解説!

 

雨樋の工事を補修テープで代用することは可能?

雨樋のヒビ割れなどを応急処置するには、防水テープなどの補修テープを活用することも可能です。

ホームセンターなどで手に入る防水テープをきれいに貼ることで、一時的に水漏れを止めることができます。

ただし、破損箇所が大きい場合や劣化が激しい場合は補修テープでは止水できないことが多いのでオススメできません。

また、補修テープを使い、一時的に止水できたとしても、専門業者に一度相談しておくべきです。

早期に補修しないと被害が拡大する場合もあるからです。

 

雨樋工事のDIYは可能なのか?

雨樋工事のDIYの可能性は低いとお考えください。

1階屋根の雨樋でも2m以上あり高所作業となりますので、はしごからの落下の危険があります。

2階屋根以上では、足場が必要ですのでDIY工事は困難です。

また、軒樋はスムーズに雨水が流れるように繊細な角度の調整が必要で、DIYとしては難易度が高いとお考えください。

屋根全体の軒樋が縦樋の落とし口へ向かって正しい水勾配となる必要があり、かつ、適切な屋根材からの位置にも設置する必要があるからです。

雨樋のDIYの可能性について詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨樋のDIYはどこまで可能?掃除や補修・付け方までを完全解説

 

雨樋の工事はどこに頼めばいい?

雨樋の工事が可能な業者について紹介します。

  • 家を建てた施工業者
  • 大手ハウスメーカー
  • 工務店
  • ホームセンター
  • リフォーム業者
  • 塗装業者
  • 屋根や雨樋の修理の専門業者

建築関係の業者であれば、どこでも対応できます。

日頃から信頼関係のある業者に依頼することもできます。

ただし、雨樋の工事費用をなるべく抑えたい方は、直接、屋根や雨樋の修理専門業者に依頼することをオススメします。

雨樋の修理をどこに頼むべきかについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

雨樋の修理はどこに頼む?選び方や修理費用の相場を紹介

 

雨樋の工事のときに同時にやっておきたいこと

雨樋の近くに樹木がある場合は、ほとんどの雨樋が落ち葉で詰まっていることが多いです。

また、近くで鳥が頻繁にとまっている場合は、細い枝やわらなど巣作りに使用する繊維状のもので縦樋の落とし口が詰まっていることが多いです。

雨樋の部分工事を行ったときには、同時に掃除を行うことをオススメします。

雨樋に不具合がなく工事を行わないが雨樋が詰まっている場合は、1階屋根なら自分で掃除することも可能ですが、2階以上ですと高所作業となり命がけとなりますので、業者に掃除依頼をしましょう。

頻繫に雨樋が詰まる立地であるなら掃除費用の負担も大きくなるため、雨樋を詰まりにくくする対策として、「落ち葉よけシート樋カバー」がオススメです。

「落ち葉よけシート樋カバー」の設置について詳しくはこちらの記事で解説しています。

落ち葉よけシートをDIYで試しに設置してみました!(雨樋用)

 

【まとめ】工事を依頼するときは業者選びに気をつけよう

雨樋には屋根からの雨水による雨漏りを防ぐ役割がありますことをご紹介しました。

雨樋が破損したり、劣化している状態を放置すると、外壁の劣化や基礎の劣化につながり、雨漏りやシロアリが発生するリスクとなり、建物の資産価値の低下につながります。

雨樋が破損した場合は、早めの雨樋の補修工事が行いましょう。

雨樋工事は建築関係の業者であれば、どこでも対応できますので、日頃から信頼関係のある業者に依頼することもできます。

ただし、雨樋の工事費用をなるべく抑えたい方は、直接、屋根や雨樋の修理専門業者に依頼することをオススメします。

雨樋の工事を行うときは、併せて、雨樋掃除を依頼しましょう。

 

屋根・雨漏りについてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

雨樋詰まり防止には「落ち葉よけシート」

落ち葉よけシート

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事