屋根修理が必要となるよくある雨漏りの5つの原因を解説します

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経アーキテクチュア」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

屋根修理が必要となるよくある雨漏りの原因を知りたい

雨漏りが起こったときの屋根修理費用の目安が知りたい

雨漏りが起こったときに屋根修理は自分でできるのか知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は「屋根修理が必要となるよくある雨漏りの原因を知りたい」「雨漏りが起こったときの屋根修理費用の目安が知りたい」という方に向けて解説しています。

雨漏りの原因は、屋根材の経年劣化がほとんどだと思っている方は多いです。
もちろん屋根材の経年劣化は、雨漏りの原因のひとつだけですが、屋根材の経年劣化以外にも原因は多くあります。

本記事では、屋根修理が必要となるよくある雨漏りの5つの原因について解説していきます。屋根修理は自分でもできるのかや屋根修理費用の目安も解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

雨漏りの原因は屋根材の劣化とは限らない

雨漏りと言えば、天井からポタポタと水滴が落ちてくるイメージを持つ人が多いけれど、雨漏りは必ずしも屋根や天井からではないと言えます。

また、屋根からの雨漏りであっても、必ずしも屋根材の劣化が原因ではないことが多いです。

屋根材の劣化が原因の屋根からの雨漏りは10%程度です。

次の章から屋根修理が必要なよくある雨漏りの原因について解説していきます。

屋根以外の雨漏り原因について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

雨漏りの原因をランキング形式で知りたい方必見【慶応4年創業の屋根屋が解説】

 

屋根修理が必要となるよくある雨漏りの5つの原因

屋根修理が必要となるよくある雨漏りの5つの原因をご紹介します。

  1. ルーフィング(防水シート)
  2. 板金
  3. 施工不良
  4. 屋根材のヒビや浮き
  5. 屋根材の経年劣化

次の章からそれぞれ解説していきますね。

 

【屋根修理が必要な雨漏りの原因】①ルーフィング(防水シート)

ルーフィングとは屋根材の下に敷く防水シートです。

屋根は屋根材とルーフィングの2つで雨漏りを防いでいます。

屋根下地(野地板)の上に、ルーフィングなしで施工できる屋根材は1つもありません。

屋根材や板金から漏れた雨水が雨漏りとならないように、最終的に防いでくれるのがルーフィングで、20~30年くらいの耐久性があります。

ルーフィングが劣化している状態は、雨漏りリスクが高い状態となります。

雨漏りの原因がルーフィングであり、交換するにはその上の屋根材をすべて取り外す必要があります。

 

【屋根修理が必要な雨漏りの原因】②板金

屋根の中でも雨漏りが起こりやすい弱点は屋根の端部や屋根と壁の取り合い部です。

そういう弱点部は板金と呼ばれる金属の薄い板で雨漏りを防いでいます。

板金は風などの負荷がかかりやすい場所であるため、飛ばされたり劣化してしまったりすることがあります。

板金が飛ばされたり劣化してしまったりすることが雨漏りの原因となることがよくあります。

板金からの役割について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

屋根材と板金の役立つ情報を紹介!メンテナンスのコツも解説します!

 

【屋根修理が必要な雨漏りの原因】③施工不良

屋根修理が必要な雨漏りの原因として、施工不良も一定数あると言えます。

とくに、屋根の端部での施工不良は雨漏りに直結します。

上の写真は屋根の煙突まわりから雨漏りした現場の写真です。

捨て水切りのつなぎ目に瓦の尻部が位置していて、瓦の尻部で水が跳ね返って水切りからオーバーフローしていました。

さらに、煙突まわりのルーフィングにピンホールがあり、室内へ雨漏りしていました。

このように施工不良があると新築当初から少しずつ雨水浸入して、やがて、室内への雨漏りとなります。

 

【屋根修理が必要な雨漏りの原因】④屋根材のヒビや浮き

屋根修理が必要な雨漏りの原因として、屋根材のヒビや浮きがあります。

スレート屋根ならば、早ければ3年程度でヒビ割れや浮きが見られることがあります。

古い瓦屋根では台風や強風の影響でズレや飛散などが発生します。

 

【屋根修理が必要な雨漏りの原因】⑤屋根材の経年劣化

屋根材の経年劣化が原因の雨漏りも少ないですが一定数あります。

金属屋根は劣化によって錆びが進むと穴開きから雨漏りになります。

下の表に各屋根材の耐用年数とメンテナンスをまとめました。

屋根材耐久性メンテナンス
50年以上10年に1度点検
スレート25~30年10年に1度塗装
金属屋根20~30年10年に1度塗装
アスファルトシングル15~20年20年でカバー工法

 

各屋根材の特徴や価格を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

屋根材の特徴や価格が丸わかり!あなたの最適を選ぶポイント6つ紹介

 

雨漏りが起こったときに屋根の修理は自分でできる?

屋根の修理が必要な雨漏りが発生したときには、DIYによる屋根修理はオススメできません。

理由は大きく2つあります。

  • 屋根修理は傾斜部分での高所作業となるため、命掛けの作業となり危険であるから。
  • 屋根材は雨水が浸入しても排水すると言う考え方なので、間違った施工で排水経路を埋めてしまうとかえって雨漏りが悪化するから。

屋根修理のDIYのリスクについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

屋根修理のDIYはやめておこう!オススメできない7つの理由を解説

 

もしも雨漏りが起こったときは、修理は屋根の専門業者に依頼してください。

修理までに時間がかかるときは、自分で行うのは応急処置程度にしておきましょう。

屋根全体をブルーシートでおおうようなことは極力させて、天井上にバケツをおくなどの応急処置がオススメです。

DIYによる雨漏りの応急処置について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

雨漏りの直し方!あなたにもできる5つの応急処置【プロが解説】

 

雨漏りが起こったときの屋根修理費用の目安

雨漏りが起こったときの屋根修理には、部分修理と全体修理があります。

部分修理とは、屋根材を部分的に交換したり、費用を抑えるために雨漏りに対して最小限の範囲を修理をしたりすることです。

修理内容約100㎡の建物の費用相場
破損した瓦の差し替え2.5~万円
※例5枚の場合、5万円程度です。
棟板金の取替え5~15万円
※棟板金の形状や長さによって異なります。
雪止設置10~30万円
※隣の家や車に被害が出る場所に増設します。
しっくいの塗り替え6~20万円


雨樋修理5~10万円
※破損した部分の交換です。
瓦棟部の葺き替え25~50万円
雨漏り修理10~50万円
※雨漏りしている場所の部分のみの補修です。

ただし、部分修理は今発生している雨漏りに対する修理ですので、将来、他の部分に対する予防処置も含めた根本的な屋根の改修にはなりません。

 

全体修理とは、屋根全体に対して行うメンテナンスのことです。

屋根材には寿命がありますので、そのタイミングで行うことが一般的ですが、雨漏りがひどいときには寿命前にメンテナンスを行うこともあります。

修理内容約100㎡の建物の費用相場
屋根材の葺き替え
※古い屋根材を撤去して、新しい屋根材を施工
100~240万円
瓦の葺き直し
※瓦を部分的に外しながら、ビス留めする
70~150万円
カバー工法
※金属屋根、アスファルトシングルで重ね葺き
80~150万円
塗装
※既存のスレート・金属屋根を塗装
40~80万円

※上記表は足場費用は含みません。

屋根修理の費用相場など、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

屋根修理の費用相場は?具体的な金額や工期についても解説します!

 

【まとめ】雨漏りはできるだけ早い対応が必要です

屋根修理が必要となるよくある雨漏りの5つの原因をご紹介します。

  1. ルーフィング(防水シート)
  2. 板金
  3. 施工不良
  4. 屋根材のヒビや浮き
  5. 屋根材の経年劣化

屋根の修理が必要な雨漏りが発生したときには、DIYによる屋根修理はオススメできません。

理由は大きく2つあります。

  • 屋根修理は傾斜部分での高所作業となるため、命掛けの作業となり危険であるから。
  • 屋根材は雨水が浸入しても排水すると言う考え方なので、間違った施工で排水経路を埋めてしまうとかえって雨漏りが悪化するから。

雨漏りが起こったときは、少しでも早く修理は屋根の専門業者に依頼しましょう。

雨漏りが起こったときの屋根修理には、部分修理と全体修理があります。

費用が大きく変わるので、自分のイメージに適した雨漏り修理を提案してくれる業者を選びましょう。

 

屋根に関してお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事