雨漏りの原因をランキング形式で知りたい方必見【慶応4年創業の屋根屋が解説】

Dr.神谷
Dr.神谷
  • みなさま。こんにちは。
    屋根から人の笑顔を作りたい!!!神清(かみせい)のDr.神谷です。

    弊社は、高浜市・半田市にある創業150年老舗三州瓦の生産・販売・工事を行っている会社です。
    年間200棟以上の雨漏り調査・修理を行っています。
    建築業界誌「日経ホームビルダー」の連載記事「新次元!雨漏り対策」を執筆しています。

本記事はこんな人にお勧めします。

雨漏りの原因をランキング方式で知りたい

雨漏りの点検や修理はどこに任せるべきか知りたい

この記事で伝えたいこと

この記事は、「雨漏りの原因をランキング形式で知りたい」方向けに書かれています。

雨漏りは、何が原因で発生するのか知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、雨漏りの原因をランキング形式で、慶応4年創業の屋根修理屋さんが紹介していきます。

雨漏りの発生原因を知って、雨漏りトラブルを防ぐ参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

雨漏りの原因ランキングを紹介します

この章では、雨漏りの原因をランキング形式で紹介します。雨漏りの原因ランキングは以下の通りです。

1、外壁

2、屋根

3、ベランダ

4、窓・サッシ

5、雨樋

雨漏り=屋根が原因とお考えの方が多いと思いますが、実は、外壁が原因の雨漏りの方が多いのです。

窓・サッシから雨漏りして来ても、原因としては、外壁が原因ということがほとんどです。

その次に、屋根・ベランダと続きます。

次の章から、雨漏りの原因別に症状や修理費用について解説していきます。

 

雨漏りの原因ランキング1位【外壁】

外壁が原因で雨漏りする場合、雨漏りの症状としては、窓・サッシの上から室内へ雨漏りすることが多いです。

外壁からの浸入口としては、シーリングのひび割れ・はがれ、外壁材のひび割れ、外壁材の重なり部分の隙間などがあります。

これらは、経年劣化によって、発生することが多いです。

外壁内へ入った雨水は、その中に貼ってある防水シートの隙間・くぎ穴・施工不良などによって、防水シートの室内側へ浸入します。(根本的な原因)

それが、窓・サッシの上からの雨漏りとなります。

雨漏りの補修費用の目安としては、浸入口の隙間をふさぐ場合は、5万~20万円です。

根本的な原因を直すには、外壁をはがして、防水シートを張り替えする必要があり、補修費用の目安としては、30万円~100万円となります。

 

雨漏りの原因ランキング2位【屋根】

屋根が原因で雨漏りする場合、雨漏りの症状としては、天井から雨漏りする場合が多いです。

屋根からの浸入口としては、屋根材のひび割れ・ズレによる隙間の発生や、谷部・棟部・ケラバ部・軒先部などの屋根の端部などがあります。

これらは、経年による移動・堆積・劣化などによって、発生することが多いです。

また、間違ったメンテナンス方法が原因の雨漏りも比較的多いです。

屋根材から浸入した雨水は、くぎやビス、タッカーなどによる防水シートの穴から伝い水として、野地板へ浸入します。

野地板のつなぎ目から天井上へ滴下して、天井からの雨漏りとなります。

雨漏りの補修費用の目安としては、部分的に屋根材をめくって、補修する場合は、20万円~30万円となります。

補修する面積が増えることで、費用はかかり、全面の葺き替えとなりますと100万円~となります。

 

雨漏りの原因ランキング3位【ベランダ】

ベランダが原因で雨漏りする場合、雨漏りの症状としては、下の階の天井や窓・サッシの上から室内へ雨漏りすることが多いです。

ベランダからの浸入口としては、防水層のひび割れ・排水ドレンの劣化、シーリングのひび割れ・はがれ、笠木・手すりの隙間、外壁とベランダのつなぎ目分の隙間などがあります。

これらは、経年劣化によって、発生することが多いです。

ベランダ内へ入った雨水は、その中に貼ってある防水シートの隙間・くぎ穴・施工不良などによって、防水シートの室内側へ浸入します。(根本的な原因)

それが、天井や窓・サッシの上からの雨漏りとなります。

雨漏りの補修費用の目安としては、浸入口の隙間を部分的にふさぐ場合は、5万~20万円です。

根本的な原因を直すには、防水層・外壁をはがして、補修する場合の費用の目安としては、30万円~80万円となります。

 

雨漏りの原因ランキング4位【窓・サッシ】

窓・サッシが原因で雨漏りする場合、雨漏りの症状としては、下の階の天井、窓・サッシの上から室内へ雨漏りすることが多いです。

窓・サッシからの浸入口としては、サッシ本体の変形、シール部の隙間、木製固定窓の隙間などがあります。

これらは、経年劣化によって、発生することが多いです。

サッシ内へ入った雨水は、そのまま、室内側へ浸入します。

それが、下の階の天井、窓・サッシの上からの雨漏りとなります。

雨漏りの補修費用の目安としては、浸入口の隙間をふさぐ場合は、5万~10万円です。

根本的な原因を直すには、サッシを取替する必要があり、補修費用の目安としては、20万円~50万円となります。

 

雨漏りの原因ランキング5位【雨樋】

雨樋が原因で雨漏りする場合、雨漏りの症状としては、天井、壁から室内へ雨漏りすることが多いです。

雨樋からの浸入口としては、内樋のゴミ詰まりによるオーバーフローや内樋自体の隙間、内樋の排水ドレンの隙間、縦樋のとい吊り金具の隙間などがあります。

これらは、経年劣化によって、発生することが多いです。

外壁内へ入った雨水は、そのまま、室内側へ浸入します。

それが、天井、壁からの雨漏りとなります。

雨漏りの補修費用の目安としては、内樋を掃除する場合は、3万円~です。

内樋・排水ドレンを交換する補修費用の目安としては、20万円~50万円となります。

 

雨漏りの修理業者の選び方を解説

雨漏り修理できる業者の選び方については、いくつかの比較するポイントがあります。

1.雨漏り調査をしっかりすることができる

2.雨漏りの費用は適正である

3.工事を行う上で、ご近所さんへの配慮をしてくれる

4.工事後の保証・対応がいい

相見積して、最安値の業者を選ぶ価格重視の選び方も1つだと思います。

雨漏り修理に関しては、価格よりも1の雨漏りの調査の能力を重要視する選び方をおススメします。

理由は単純で、いくら安く25,000円だとしても、雨漏りが直らなければ、ムダなお金となってしまうからです。

まずは、雨漏りの原因を見つけ、雨漏りを止めることができそうな業者を選びましょう。

その中で、雨漏り費用が相場内であれば、いいと思います。

雨漏り修理において、相見積は新築と違って、工事内容がなかなか比較できないからむずかしいです。

選び方に関して、詳しく知りたい方は下記記事も合わせて読んでみてください。

雨漏りを修理できる優良な業者の選び方と特徴を屋根屋が解説 

 

雨漏りをしないための今後の工夫

定期点検

 雨漏り修理は1度行えば、それで終わりという訳ではありません。

家の屋根・壁・ベランダ・サッシ・雨樋は経年劣化による雨漏りリスクが年々増加していきます。

雨漏り修理費用を安価にするには、早期発見・早期修理です。

5年に1度の点検や台風後の点検は、大変効果的ですので、定期点検を心がけましょう。

屋根に上がっての点検は、お客様が行うには大変危険ですので、必ず、業者に依頼してください。

 

外壁塗装

 家のメンテナンスというと、外壁の塗装と思い浮かべる方が多いと思います。

雨漏り対策を重視した考え方をすると、外壁の塗装は優先順位が低いです。

それよりも、外壁のシーリングの劣化・外壁材のひび割れを重視した方が雨漏りを防ぐことができます。

塗装よりもシーリングにお金をかけてほしいですね。

 

雨が流れる部分の掃除

雨漏り対策でDIYできるとすると、排水口の掃除があります。

ベランダの排水口、雨どいの排水口を1年に1回は点検・掃除することは、大変有効です。

 

 

まとめ

この記事では、雨漏りの原因をランキング形式で紹介しました。

1、外壁

2、屋根

3、ベランダ

4、窓・サッシ

5、雨樋

外壁が1番多く、シーリングの経年劣化が原因です。

どこから雨漏りしても、早期に雨漏り業者を呼ぶことが、修理費用を抑えるポイントです。

雨漏りを繰り返さない工夫は、定期点検・外壁のシーリング・排水口の掃除などがあります。

 

雨漏りに関して、お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
LINEでお問い合わせ

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

神清からのお願い

記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

お客様の率直な感想をいただくため「役にたった」「役に立たなかった」ボタンを設置しました。

私たちは、日々屋根にお困りのお客様にとって必要な情報をお伝えしたいと考えております。今後のご参考にさせて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

オススメ記事

この記事を読んだ人にオススメの記事